自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジコン用イカリング電装の作り方
ドリパケライト180SXの丸テールに関して質問がありましたので、ラジコン用のイカリング電装の作り方について書いてみます
よろしければ参考にして下さい。

まずはイカリングライトユニットを作ります
この作り方はMINI-Z BARさんを参考にしています
画像は1/10RC、BMW320si用です
変換 ~ P1000657
このライトユニットの全てともいえるのがアクリルパイプ
ホームセンターに様々な径のものが売っているので、装着するモデルにあわせて使いましょう
ドリパケライトはφ5(内径3)、1/10RCはφ8(内径5)が使いやすいです
変換 ~ P1000662変換 ~ P1000664
切ったアクリルパイプの中心部を埋め、遮光します
内径3や5のパイプの場合、切ったφ3、φ5ねじや鉄棒で埋めるのがベストだと思います
LEDを使っておくと、イカリング+中央も光るタイプが作れます(画像)
変換 ~ P1000690
そしてコイツを後ろから照らすと・・・・
変換 ~ P1000682
丸く光りました~
アクリルパイプの外形=LED(リング)の径
           内径=LED(中心)の径
となるようにしておくとより綺麗なユニットができます


ここからはボディ加工編
変換 ~ P1000886
ライト装着予定部に穴を開けます
変換 ~ P1000892変換 ~ P1020470
そこに作っておいたイカリングライトユニットを差し込んで接着
必要に応じてパテで支えを作っておくと頑丈です


変換 ~ P1010238
これで完成~
変換 ~ P1020428DVC00010.jpg
イカリングユニットは同じなので、いろいろな車種に取り付けられます
主にスカイラインですがw

わかりにくい説明でスイマセン。
ライトユニットの作り方はMINI-Z BARさんの方が遙かに分かりやすいです^^;

質問や間違いありましたらコメントの方へどうぞ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。