自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作系燃費計 RSM-1の製作、取付
最近の車には当たり前のように付いている燃費計。
ちょっといいなと思う程度でしたが、レンタカーで実際に燃費計の付いた車を運転して楽しかったので欲しくなってしまいました。
そこで後付けの燃費計について調べてみると、OBD-Ⅱコネクタのある最近の車なら簡単に取り付けられる製品がありますが高い!それ以前にうちのアコードにOBD-Ⅱなんて付いていない!と言うことが分かりました。

変換 ~ DSC03484
そんな時に見つけたのがRSM-1。
http://www.ab.auone-net.jp/~mrk/index.html
こちらのページの方が製作、販売されている燃費計で、PICを使って自作されています!
瞬間燃費グラフ、速度、回転数、平均データ等様々なデータを表示でき、市販品より高性能!
更に3500円と安く、何より自作キットで楽しそう!
と言う事で、買って取り付ける事にしました。

<1、RSM-1の組み立て>
変換 ~ DSC03484
今回はキットを購入したのでこのようにパーツが届きました。ハンダ付けして組み立てる必要があります。
(一体型のRSM-10や完成済品も販売されています。)

変換 ~ DSC03687変換 ~ DSC03694
RSM-1は本体、液晶、手元スイッチの3つに別れています。
説明書もあり、基板にもイラストが印刷されているので、ハンダ付けに慣れていれば製作は簡単にできます。
作りやすいよう、ミスをしないよういろいろな工夫があり、とても良くできたキットだと思いました。


<2、車両への取付>
変換 ~ DSC03698変換 ~ DSC03918
完成したRSM-1を車両に取り付けます。
本体は足下のパネル(?)裏にステーを作り取り付けました。
また手元スイッチはメクラふたに加工して取り付けてみました。
配線は各種電源ラインの他に、車両ECUからインジェクタ、タコ、スピード信号が必要です。
各車種の配線情報はアルパインのページに詳しく載っているので参考になります。
http://www.alpine-fit.jp/tech-info.php
車内での配線作業は狭くて結構疲れますw

<3、メーターの埋め込み>
ここまでで組み立て、配線と終わっているので、後は液晶を設置して動作確認をするのみ!もう完成したも同然!
のはずでしたが、なかなか液晶の埋め込み場所候補が見つかりません。
見やすくて自然な場所を探した結果・・・
変換 ~ DSC03701変換 ~ DSC03712
やっぱりここしかない!w
ということで急遽メーターを分解し埋め込むことにしました。
まずはメーターをバラバラに、6枚おろしです。

変換 ~ DSC03726変換 ~ DSC03715
タコメーター下に良い隙間があったので、思い切ってメーターパネルをカットします。
これで後には引けませんw
もともとカット部にあったランプ類を移植するため、メーター回路も少し調べて改造しました。

変換 ~ DSC03718変換 ~ DSC03738
裏側フレームの邪魔な部分を少しずつカットして、液晶と形を合わせます。

変換 ~ DSC03729
組み合わせてみるとこんな感じ。下部が追加した液晶です。
思いつきでやってしまったので怖かったですが、なかなか良い感じになってきました。
違和感無いです!

変換 ~ DSC03765
翌日車で通学しないといけないので、加工したメーターを深夜に必死で直しましたw

<4、完成>
変換 ~ DSC03785変換 ~ DSC03779
無事組み立てて動作も確認、朝までに間に合いました(笑)
メーター一番左の下部が燃費計の液晶です。
メーターに埋め込む計画はありませんでしたが、無事埋め込みにも成功して良かったです!
あまり追加メーターを付けるのは好きじゃないので、純正装備っぽくて気に入っていますw

CL1nennpi.jpeg
実は既に取り付けてから一ヶ月以上経っていますが、燃費計は付けて良かったと思います!
普段の運転で燃費が見られるのはゲーム感覚で面白いし、こういう運転をすると負荷が少ないのかな~なんて事も考えられます。
また燃費計を取り付けてから僅かなスロットル開度の差で案外大きな差がある事が分かったので、以前より細かなレベルで操作を心がけるようにもなりました。
上画像は納車からの燃費グラフです。燃費計を取り付けて(5月)からは完全に通学しか使っていませんが、燃費が今までより明らかに良くなっています!長距離使用時の燃費に匹敵します!

またスポーツカーに燃費計なんて・・・と思っている方も、RSM-1は燃費の他に回転数、スピード、流量等の表示もでき運転の参考になると思います。
とにかくまとめるならRSM-1は多機能で安く楽しくとても良いキットでした。
制作者に感謝しています!

最後に、燃費を良くするためには
①とにかく我慢して低回転に抑える
②勢いよく加速して惰性で走る
の2つが有効だと思いました。特に自分の通学路は直線が多いので②が有効なようです。
別に我慢しなくても良い燃費は出せるんですね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近の車には当たり前のように付いている燃費計。ちょっといいなと思う程度でしたが、レンタカーで実際に燃費計の付いた車を運転して楽しかったので欲しくなってしまいました。そこで後付けの燃費計について調べてみると、OBD-Ⅱコネクタのある最近の車なら簡単に取り付け...
2012/06/09(土) 19:23:54 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。