自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CL1 カーナビ&アンサーバック取付
アコードには純正のオーディオしか付いていなかったため、カーナビを取付ました。
同時にアンサーバック(ロック、アンロックをウインカーがピカピカしたり音が鳴ったりして知らせてくれる機能)が付いていなかったため社外品を取り付ける事にしました。

変換 ~ P1070784変換 ~ DSC06488
・ナビ:KENWOOD HDM555-EXB
・オーディオ:KENWOOD U333
・アンサーバック:コムエンタープライズ アンサーバックキット
ナビ、オーディオを買い直すのは金がかかるので、スターレットから取り外した物を使う事にしました。
アンサーバックキットはいろいろありますが、安くて評判が良かったのでCEPの物にしました。約4000円です。

変換 ~ DSC06485
また純正の取付金具やパネルは汎用性がないので、ナビ取付には専用品が必要になります。
こちらは納車時ディーラーにお願いして貰いましたw


【1、内装外し】
変換 ~ DSC06504変換 ~ DSC06526
作業開始。昼間は暑いので日が出てきた朝5時スタート!
まずはとにかく内装を外します。
手順は
メーターパネル→コンソールパネル→助手席アンダーカバー→運転席アンダーカバー
→センターコンソール(後)→センターコンソール(前)

変換 ~ DSC06536変換 ~ DSC06555
ナビ取付ごときで外す物大杉だろう。
スターレットの時はパネル一枚だけだったのに・・・w
運転席周りは随分ガラガラになりました。

【2、ナビ、オーディオを金具に固定】
変換 ~ DSC06586変換 ~ DSC06600
純正オーディオを取り外したら、
ナビ、オーディオ、エアコンパネルを取付キットの金具に付けていきます。
4DIN分取り付けられるのが良いところですが、=普通の車の倍面倒です。
オンダッシュのナビを無理矢理インダッシュ風に取り付けるため、パネルや金具を少し加工しました。
結構無理なく綺麗にまとまったと思います。

【3、配線】
変換 ~ DSC06675変換 ~ DSC06678
最も面倒なのが配線作業orz
スピーカーやアンテナ、電源類は基本同じ色の配線を繋いでいくだけです。
GPSはピラーパネルを外し、ダッシュボードとの隙間に配線を通しました。
その他の配線は
・車速パルス→ECUカプラの青白線(助手席右足先あたりカーペット下)
・バック信号→運転席側ヒューズボックス緑黒線

また、同時にアンサーバックキットの配線も行いました。
・ハザード→ハザードスイッチ灰色線×2
・ドアロック→助手席側ヒューズボックス上部カプラ赤白+赤点(左)
・アンロック→助手席側ヒューズボックス上部カプラ赤白+赤点(右)
・その他→オーディオ配線より分岐

カプラの配置はアコード、アコードワゴン、ユーロRとエンジン形式ごとに違うようです。要注意。

【4、取付&内装戻し】
変換 ~ DSC06657変換 ~ DSC06684
あとは逆の手順で物を取付、ケーブルを押し込みます。
アンサーバックキットは助手席側の奥マット下に配置しました。

ナビ、アンサーバック共に動作を確認して完成!
オンダッシュナビですがインダッシュっぽく取り付けてみました。
違和感なく取り付けできて良かったです。
アンサーバックはなかなか満足度が高く、何回かロック、アンロックを繰り返して遊びましたw
現在スピーカーを車内に設置しているので音が聞こえにくいのが残念。今度エンジンルームに移設しようと思います。


というわけでアコードの作業第1弾でした。
慣れていなかったのもありますが、スターレットと比べると外す物が多かったり複雑な固定方法だったりして随分時間と手間がかかりました。
朝5時に始めて終わったのは12時。
涼しい時間帯に作業を終える計画は失敗しましたw
これでやっとナビやUSBオーディオが使えます。

よく考えたら、外した純正オーディオの中にCDが入れっぱなしだ!
さようなら、「のだめカンタービレ(妹所有)」と「B'z」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。