自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアスポイラー取付
変換 ~ P1070195
春休みに入ってから雨が続いていましたが、やっと晴れたのでリアスポイラーを取り付けました。
ルフレ用のリアスポイラーもあるようですが、せっかくなのでグランツァ用にしました。
後からよく考えてみると、ルフレ用の方が派手でなくて良かったかなぁ・・・w

【1、位置合わせ】
変換 ~ P1070061変換 ~ P1070062
取付にはねじ穴を開ける必要があるのですが、その場所が分かりません。
新品で買った場合は型紙が付いてくると思いますが、今回は両面テープで位置を決めました。
スポイラーのネジ穴位置に十字の両面テープを付け、本体へ仮付け。位置が合ったところで強く押せば両面テープが本体側へくっつきます。
適当なやり方ですが、結構正確な位置に付いたみたいです。

【2、穴開け】
変換 ~ P1070198変換 ~ P1070220
目印の位置に穴を開けます。
取付ネジは上部二カ所(主要)とサイド二カ所(補助)だったので主要の上部のみ穴を開けました。
案外薄いので電動ドリルでも簡単に開きます。φ3と6のドリルを使用しました。

【3、ストップランプの配線】
変換 ~ P1070224変換 ~ P1070228
スターレットの純正スポイラーはストップランプが付いています。
バックドアをいろいろ見てみましたがコネクタはない様子。
ただ、配線は来ているようだったのでそこに繋ぎました。
こんなところでハンダ付けするのは初めてですw

変換 ~ P1070239変換 ~ P1070236
赤緑の線と白の線(ボディアース)がストップランプ用の配線です。
バックドアに配線を通すのが面倒だったので、赤緑の線をバックドア上部で切断。
すると車体側の線が赤緑(+)、バックドア側に残った線がフリーになるのでスポイラー内蔵ランプ用のコネクタに切断したそれぞれを繋ぎます。
その後、フリーになっているバックドア側の配線をバックドア内部で適当にアースして配線終了。
図でも書かないと非常にわかりにくいですねwこのやり方が簡単だと思うのですが。

変換 ~ P1070245変換 ~ P1070238
ボディには3mmの穴を開けて配線を通し、ゴムで根本を防水しました。
コネクタを繋いでLED点灯確認。無事光りました!

【4、スポイラーの取付】
変換 ~ P1070246変換 ~ P1070208
穴開けの時に書いたように上部二カ所はネジを付け、他は両面テープで貼り付けることにしました。
雨などの心配もあるので専用の両面テープを用意。
自称「最強」な両面テープです。
これをラインに沿って貼ったら、あとは取り付けるだけです。
しっかり貼り付けたい場合は、中性洗剤などで油を取った方がいいでしょう。

【5、完成】
変換 ~ P1070256変換 ~ P1070250
とりうわけで、完成しました。
両面テープも結構強力なので、強度的に不安はなさそうです。

リアバンパーとリアスポイラーの取付でリアの印象も結構変わりました。
後ろだけ、前だけ見れば、グランツァです。
横を見ると5ドアですがw
マフラーも交換したいところですが、部活が始まれば帰宅が遅くなるので近所迷惑なほど煩くはできませんね。
しばらく様子を見ます。

晴れたら花粉症で目がかゆくなってきたので、明日こそ眼科に行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きれいにつきましたね!
wmaさん、こんばんは!

う~ん、さすがです。きれいにつきましたね!素晴らしい!!!

なんだか、一歩また一歩と、着々と進化して行く様子がすごく良い感じで、見ているこちらもワクワクしますね!
以上
2010/03/11(木) 21:09:25 | URL | ozpapa #-[ 編集]
>>ozpapaさん
こんばんは。

いろいろと不安はありましたがしっかり付いたみたいです。
命に関わる(?)ものなので、外れたら困りますからねw

まだこの先も、少しずつ改造を続けようと思います。
2010/03/12(金) 20:46:26 | URL | wma #o6.nH2Qo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。