自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーツ取り付け① <新型に乗り換え> 
アルミ祭りを開催中のRCバイク。
旧型のジャンクを格安で見つけ、その面白に気づいたのが一年ぐらい前。
最近はエネルギーの源となって精神を支えていますw

変換 ~ P1050131
現在持っているのは新旧二台。
旧型をメインとして走らせ、改造。
新型は盆栽として飾る。
そんな感じでだった二台ですが、今回パーツを大量投入するのを機会に新型をメインに交代しようと思います。
シンプルで軽量なのは旧型ですが、流石にパーツが手に入らない・・・


変換 ~ P1050137変換 ~ P1050138
というわけで二台を分解、毎日帰宅後に作業中。

変換 ~ P1050140変換 ~ P1050146
ブラシレス関係と金属ギア。
旧型もマッタリ走行用に残す予定なので、駆動部のパーツのみ新型と載せ替え。
グランプリレーサーとハングオンレーサーはフレームの形が大きく違いますが、ギア、タイヤ、サスアームなどのパーツは共通規格みたいです。



まずは新型の組み直しから

 <駆動部>
変換 ~ P1050153
ブラシレスモーターに金属ギア、スプロケット。
新規購入のアルミギアボックスやベアリングも装着して駆動部は完全体(?)になりましたw
これで破損とは無縁になれるはず!
満足度も高いです。
 
 <配線・配置>
変換 ~ P1050170変換 ~ P1050182変換 ~ P1050164
小さなスペースにメカを載せるためには整理整頓も重要。
自作PCで鍛えた配線テクニックを使ってなんとかまとめてみました。
アウターロータータイプのモーターとの干渉を避けるのは結構大変です。
ラジエター部にアンプを配置したのはこだわり。ちょっと雰囲気が出ました。

 <フロントフォーク>
変換 ~ P1050118変換 ~ P1050123
アルミが輝くこのパーツ。精度も良くピッタリスムーズです。
純正のステアリングダンパーを装着するためには一つ穴開けが必要です。(φ3または4)
失敗したくない場合、ピンバイスで慎重に開けるのが安全でいいと思います。


今はここまで。途中です。
まだ届いていないパーツもあるので時間をかけてじっくりと進めていきたいと思います。
情報の少ないRCバイク。少しでも広まると良いですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。