自作PC、ラジコン改造が中心の日記です。最近は車、バイクネタ多めです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIDIキーボードを使ってみる
部活が忙しくなってきたこと、中間試験が迫って来たことがあり最近は更新できませんでした。
スイマセン。
一応今日からはテスト期間で部活は休み。

学校の話をすると、今年から専門教科が一気に増えて忙しくなりました。
抽選で決めたクラスでの席、見事に教卓正面の位置を当ててしまったので授業中油断できない・・・
逆に言えば、授業内容は嫌でも理解できてお得(?)なのですが。


テスト期間になってやらなければいけないことが増えると今まで放棄してきたことが何故か良く進むわけでw
修理したまま置いてあったMIDIキーボードを使えるようにしてみました。
といってもMIDI機器があるわけでもなく買えるわけでもないのでPCに繋いで打ち込みとピアノ遊びができるぐらいですが。

というわけで
【MIDIキーボードで演奏(?)、音を出す方法】
変換 ~ P1040877
まずはキーボードとPCをUSB接続。
キーボードの出力先をUSBに設定して下さい(それぞれの説明書参照)

次に必要になるのがSynthEditというソフト。
ダウンロード、インストールして下さい。

直前の設定20090523215744
↑はソフトの起動画面。
画像左上のように
MIDI入力→音源指定→オーディオOUT
という形のプロジェクトを作ります。

で、再生ボタンをクリックするとこのプログラムが始まります。
どんな感じかというと、
①、キーボードからの入力をソフトが受け付ける。
②、ソフトに入力されたMIDIデータを指定した「音」として出力。
③、出力された「音」がスピーカーから聞こえる。
つまり、キーボードの「ド」を押せばスピーカーから「ド」の音が聞こえてくるということ。

変換 ~ P1040883
MIDI打ち込みに手を出す予定もないので普通の楽器としての使い方をしたい人はやってみて下さい。
そんな人かなり少ないと思われますがw
結論:使う機会が少なくても、部屋の飾りとして置いておけばいいか
スポンサーサイト
じゃんく! PS2の修理
変換 ~ P1040871
昨日はレゴ講座の第一回の日だったので行ってきました。
講師をするのも今年で何年目だろう?
貴重な経験ができるのでありがたいです。


変換 ~ P1040886
で、あまり関係ないのですが
PS2をタダで貰ってきました!
しかし壊れてますがw
患者の症状は起動するがディスクを読み込まない。
こんな時は以下の作業で治る可能性があります。
①レンズの掃除
②レーザー出力の調整
③高さ(距離調整)
①は手軽。②はCD、DVDのどちらかのみ読み込まない時、③はどちらも読み込めない時に有効です。


変換 ~ P1040893
というわけで修理しましょう。
まだ復活の見込みがあります。

変換 ~ P1040895変換 ~ P1040899
カバーを外した状態。
PS2は中央の板にメカが乗っていて、それを上下両側からサンドイッチのようなボディで挟んでいます。
上の写真は上カバーを外した状態です。


①レンズの掃除
変換 ~ P1040900
大抵の場合は分解掃除で治るという例。
まずはレンズを掃除してみます。
レンズは上下二段になっていて、まずは上レンズから
麺棒などで拭きましょう。
下レンズは汚れにくい上に壊す可能性が高いので慣れてない人はやめましょう。

この段階で元に戻して起動。
ほとんどはこれで治るかな?今回はダメでしたが・・・・


②レーザー出力の調整
変換 ~ P1040903変換 ~ P1040904
今度は下カバーを外します。
金属のシールドがあるのでそれも。
すると一か所、DVDドライブ接続用の端子が見つかると思います。
それを外して下さい。黒い部分を上に跳ね上げるとロック解除です。

変換 ~ P1040909変換 ~ P1040920
今度はまた上カバーを外してDVDユニットをごっそりと。
※コネクタ抜きの作業をしていないと取れません。
ユニットの裏にレーザー出力調整用のボリュームがあります。
オレンジの基盤(レンズの裏)についている二つの丸い金属がそれです。
左がCDレーザー、右はDVDレーザーの出力で、時計方向に回すと出力がアップ。
あまりまわしすぎるとレーザーが焼けます。だいたい10°ぐらいでしょうか?

ここでまた元に戻して起動。読み取れるようになるかも。
DVDだけしか読めない!みたいな時はCDの出力をもう少し上げるといいかも。


③高さ調整
変換 ~ P1040919
DVDユニットの表(レーザー調整の反対)にあるねじを回すことで、ディスクとレンズの基本距離を調整することもできます。
これを右に回すことで距離が近くなります。
CD、DVDどちらも起動しない時は距離を近づけることで起動することもあります。
これも調整は少しずつ、地道に・・・。


変換 ~ P1050008変換 ~ P1050012
地道な作業の繰返しを数時間続けた結果、なんとかCD(PS)、DVD(PS2)のどちらも起動するようになりました!
確立としてはまだ1/2ぐらいですがw
なんとかゲーム機として復活しました。

今更PS2が複数台になっても使い道に困りますが、目的はそこではない!ということで。
GT3なんてやるの久しぶりだなぁ
ぷよぷよはいつやっても面白い。
久々にPS2で遊んだらPS3欲しくなっちゃいましたよw
麻生さんからお金のプレゼントも届いたし、買おうかなぁ・・・やる時間がないか
試作完成!
今日ついに、
先週から設計制作していたお試し用ロボットが完成しました!
加工部の方々、ありがとう!

今は組みあがって、電気部でプログラムの調整中。
いろいろと不具合がありましたが今はかなり元気に動いています。
正直、予想以上に良い動きをしてくれて驚きです。

まだ歩くことを目指しているわけではありませんが、技術確認としては結構成果があったかな?
今までに無い新しい物と、昨年の技術を組み合わせて安定したロボットを目指したつもりです。
新しいことにチャレンジすればまた新しい問題点が出てくるんだろうな・・・


【今日の定点撮影】
P1020695_k.jpg
二年生は左でプレゼン準備を。
右では試作ロボの調整をしています。

P1020696.jpg
アシモも個性を発揮してきたようです。
しまじろう歯ブラシを思い出す・・・w


【今日の名言】
「ぼくボブ」
とにかくいつでも使える言葉。ノリとテンション。
プレゼンの発声練習中に自然発生したらしい。
数名、病的に言い続ける感染者が見つかっている。

感染といえば、インフルエンザにはなりたくないですね。
ついに近くまで迫ってきました。
かかったら、出頭しましょう。


というわけで、ロボ研ブログから。
同じ内容でごめんなさい。でも、同じ人だからいい・・?
最近は部活とレポートに追われて更新できませんでした。今日も・・・
しっかりと寝たいです。
高専ロボコンを実感
なんだか変なタイトルですが、そんな感じです(どんな感じだw)

今週から中間発表に向けた試作を作ることになり。
私は三日で試作の設計をすることになったのですが、睡眠、授業時間を削ってなんとか土曜までに設計終了することが出来ました・・・。
部品図を書いてくれたK君、ありがとう!

自分の設計は今年から3DCAD中心で進めています。
2D→3Dで確認だった昨年に対して、2Dで細かな確認しつつ3Dで立体化というのが今年の設計スタイル。
視覚的に確認しながら作業できるので、かなり違った発想で作っていくことが出来ます。
また、干渉や組み合わせなどのミスもその時に見つけられるので失敗は少ないかも。
ただ、ある程度は2Dで確認しないと、無理してまとまりのない物になってしまいがちです。
それぞれの特徴を生かして作っていきたいですね~

untitled.jpg
というわけで設計が終了した今日は製作でした。
土日は工場が使えないので基本は簡易作業。
昨年Bチームで鍛えられた人+人数増な加工部はとても仕事が早い!
今日だけでアルミ角材から作るパーツは終了しました。お疲れ様です。
明日からは放電加工に挑戦。よろしくお願いします。

untitled2.jpg変換 ~ DVC00108
パーツの完成後、設計メンバーで組み立て。
ちょっと夜遅いです。
そして、別に遊んでるわけじゃないですw

ひとまずキリが付いたので、
LANケーブル、ACアダプター、設計資料・・・とごちゃごちゃだった設計部テーブルは少し掃除。
デュアルルーターでネットワークを拡張!後ろには超タコ足タップ。
これでも綺麗になったんですよ。無線化したい~

変換 ~ DVC00112
電気部はカオスが続いてます。
正直、狭いぐらいなので仕方ないですが、整理できる環境(棚とか・・)が導入できると良いな~
今年はかなり重要な部分なので頑張って下さい。


変換 ~ DVC00113
もっと具体的に、
「今日はこんなことをやりました」
みたいな記事を書きたいのですが、それは出来ません。
重要な部分に触れないように書いています。
書きたいことは山ほどあるんですがね~
設計
RCバイクも先日完成。
見ていて下さった方々、ありがとうございました。


そして、今週からはロボコン本格始動!
アイデア発表の後、
① ストーリー(コンセプト)の決定
② 歩行形式(二台)の決定
③ 歩行の構造
のような順に以上の点はほぼ決定。
全員でしっかりと認識出来るようにしています。
持ったり飛んだりする機構は相当難しく、現在検討中です。
とある「もの」の能力が分からないと決めようがない。ということで現在はそちらの技術確認を優先。
全体としての動きはロボ研Bブログにも載せているので、こちらは設計という自分の立場から見て個人的な内容を書いていこうと思います。

変換 ~ DVC00097B
というわけで今月中をめどに試作をしています。
私は設計担当。
歩行の試作を中心に設計を始めています。
自分がやりたかった事でもあり、任せられることはとても嬉しいです。
しかし、それだけに責任は重い。特に、設計が遅れると他の工程は進めないので・・・

決定した日程だと今週土曜に設計終了(汗
み・・・短くないですか・・・
ということで昨日から設計スタート。時間が無いので授業中等もずっと考えています。
休んでいる時間はなさそうです。
ポキポキ折れてしまったり、整備がしにくかったり、前日に徹夜になったり・・・
今までの経験を元にいろいろと考えながら改善して行ければいいな~
趣味の知識や感覚は意外と役立ってるかもしれません。



で、なんでそんな状況なのに更新してるの?ということですが・・・
学校にUSBメモリ忘れて来ちゃったからですorz
ノートPCに差しっぱなしだった。どうしようもない。
実際かなり焦ってます。明日は早めに登校して取り戻すべきか・・・
なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが今回はこれぐらいで。
RCバイク ボディ改造⑩ ~完成!~
数ヶ月作り続けてきたR1も、ついに今回で完成です!

変換 ~ P1040611変換 ~ P1040608
前回のステッカーの後、クリアを吹いて乾燥させました。
一回目はステッカーを傷めないように少しずつ。
三回目ぐらいからは実車用のクリアで厚みを付け、
最終的に模型用で一拭きして終了。

時間の都合で研ぎ出しを十分に行えませんでしたが、だいたいは良いと思います。
突然の雨に空襲を食らいましたがなんとか修正できました・・・w

フィギュアの方もアクリルが弱々しかったのでつや消しクリアを吹いておきました。

ここまで来たら殆ど完成は間近!
後は細かな作業です。

変換 ~ P1040613変換 ~ P1040627
電装。
これはラジコンとして欠かせませんね!
そのためにライトパーツも作ってきたわけだし。
内側は青、外側は白。
ウインカーは破損が目に見えているので取り付けませんでした。多分走らせませんがねw

変換 ~ P1040617
アルミパイプにカーボンシートを貼ってマフラーも製作。
思ったよりも良い雰囲気を出してくれて満足です。
RCカーでも応用が利くかも。

変換 ~ P1040607
腕にも熱収縮チューブ間接を取り付け。
ホント、良い動きしますw


そして・・・ついに・・・

変換 ~ P1040843
完成!

変換 ~ P1040661変換 ~ P1040716
変換 ~ P1040789変換 ~ P1040818
シャシーは2月、ボディは3月から作り始めて数ヶ月。
随分と予定よりも時間をかけて完成しました!

車種大幅変更にフィギュア改造。自分でも作れるか不安でしたがなんとかなりました。
何でもやってみるものですねw
細かな点は違っていても雰囲気は出ているはず・・・




実は製作動画も作ってましたw
というより、題名にもあるコミュでのイベントに参加しました。
このイベントの投稿期限が今日だったわけでwいろいろと焦ってました。
なんとか間に合ったので良かった・・・。

動画の方も、良かったら見てやって下さい。
「痛プラモコミュ主催・第2回痛車プラモ大会「YAMAHA×初音ミク なRCバイク作ってみた」
長いタイトルですw
アイデア
最近はRCバイクの製作記ばかりでしたが、ロボコンも本格的にシーズンが始まっています。

RCバイクは、木曜辺りからボディのクリアコートを始めました。
この段階は「待つこと」非常に重要で、下手に焦って研ぎ出しをすると全てが水の泡。
ということで現在は乾燥中。ロボコンに力入れてます。

昨日はGW開けた部活の日。
まずはそれぞれがGW中に・・・じゃなくて、
今年のルールに関わったと言われる映画「WALL-E」を見ました。
持ち込んだのは私だったので、見るのは何回目かでした。
内容(ストーリー)としては海外映画らしい分かりやすいものでしたが、機械の「デザイン」として見ていて面白い!
CGアニメだからこそ出来るモノに「そんなの出来ないだろ」なんて意見も出てました。
私ももちろんそう思いますが、そういった見方だけではなくて制作者の願いや意図的なものを感じて欲しかったなぁ
全体を見て、「今年のルールと関係ある!」という考えには納得。時期的に見てもそう考えるしかないでしょうw
それぞれが今年の「ロボット」のイメージを掴めたら良いかな?
ロボコンのロボットといっても「機械」のイメージからは離れつつあるのかな~。なんて。



その後、それぞれがGW中に考えたアイデアを発表しました。
現段階ではストーリー、機構、コンセプト等々、個人に任せて何でも言ってOK。
いろいろなアイデアが出揃いました。もちろんここには書けませんがw

私は設計者なので主に「二足歩行」のための機構をチェック&発表。
多分こういう人が多い場所だと思いますが、
自分でひらめいてしまったことはどんどん推し進め、発表の時に脳内では完成している・・・と
私もそんな人なのでちょっとやり過ぎかな?というぐらい発表しました。
他の人の脳内を崩してしまう可能性をかなり秘めていたので、発表は後半にしましたが。
やはり、自分の感じたこと、自分のアイデアというのは押しつけたくなってしまいますね~

今年電気的にかなり重要になりそうな○○についてもいろいろと調べました。
昨年の大会ではかなりの高専が苦労してましたが、今年は必須かもしれない技術。
結構光が見えたかな?

「無茶しすぎると完成しない」
こんなところで気にしたくはないですが、大会に出る以上期限という物があります。
毎年期限ギリギリ、昨年は運良く間に合いましたが・・・
いろいろな事を検討しながらモノとして完成させたいです。


なんだかんだ言ってストーリーとして描いているイメージはみんな近かったようで安心しました。
今後は出されたアイデアの骨を元に、肉付けしていきます。


他の高専でも今の時期は同じような状況だと思っています。
このブログを見て貰えている人は毎日100人~200人。その中にはロボコン参加者な人もいるんでしょうかね~
中の人含めて、お互い頑張りましょう!
RCバイク ボディ改造⑨
最近コレばっかりでごめんなさい。
ついに今回で⑨です。

【ライダー編】
変換 ~ P1040522
前回の続き、ライダーの塗装をします。
すぷれーにしろ何にしろ、青、赤、黒、メタリック等の「人」に塗ることができない色ばかり揃っている状態。
そんな中で唯一あったのはアクリル絵の具wしかも自分のではなく妹子の。
ちょっと頼んで借りてきました。

アクリル絵の具なんかで塗れるのか・・・?


変換 ~ P1040527
単色でない、原色でない等々、乗り物とは違う点ばかりです。
どの色も、作るのが大変。
ちょっと違っても、いいよね!

変換 ~ P1040531変換 ~ P1040543
ん~これでいいのだろうか。
濃い色はまだいいとして薄い色(肌色など)は透けてしまう。
ちょっと失敗かも。

変換 ~ P1040534
腕は自力でつかまって乾燥w

変換 ~ P1040577変換 ~ P1040580
目はステッカーにしました。
パッと見はそれっぽい。
近くで見るのは厳禁です!ホントに。


【ボディ編】
変換 ~ P1040549変換 ~ P1040559
カスタマのパッケージを切り出して、レンズとウィンドウ部の透明パーツを作りました。
曲面に合わせるのは難しいので熱して変形後、貼り付け。
くもってしまいました

変換 ~ P1040568
ステッカーを作成して紙で確認。
こんな感じでしょうか。

変換 ~ P1040574変換 ~ P1040591
ステッカーに印刷して早速貼り付け。
ちょっと控えめなデザインですが、貼るスペースも少ないのでこれぐらいでいいな~
R1のボディカラーも崩したくなかったので。


最近はRCバイクの製作日記ばかりです。
実際、一日中製作しています。
ちょっと理由あって、というより動画うp期限が(ry
とにかくこの連休中に仕上げたいと思います。

ロボコンと課題も少しは考えてますよ。多分・・・
RCバイク ボディ改造⑧
今回はついに塗装です。
分かりにくいのでボディ編とライダー編に分けてみました。

【ボディ塗装】
変換 ~ P1040369変換 ~ P1040376
前回のミク色が気に入らなかったので真っ白に塗り直しました。
頭の中でデザインを考えつつも、直感でマスキング。
いつもは車なので、バイクに似合う柄って難しい!


変換 ~ P1040427変換 ~ P1040466
イタリアンレッドを塗ってみましたが暗すぎ・・・
いろいろ試してみて、最終的にラメ控えめのメタリックレッドになりました。
しかし、カメラで撮影すると色が変わってしまうorz
本当は結構綺麗な色なんですがね~
赤系にはうまく撮影できません。

とりあえずまたマスキング。
ライト周りは細切りマスキングテープで曲線に対応しました。
で、ブラックを塗装・・・

変換 ~ P1040483変換 ~ P1040490
変換 ~ P1040503変換 ~ P1040501
自分で言うのもアレですが、予想以上にカッコイイ!
塗装すると一気に雰囲気が変わるもんですね~
一時間ほど眺めてましたw
・・・が、見れば見るほど塗装ミスが見つかります(汗
やはり塗装は時間をかけて一日一色ぐらいがいいかも。しかし今そんな時間はない。

変換 ~ P1040491
カウルはつや有りブラック。シート部分はマットブラックで塗装しました。
意外とこの使い分けが効いているようで、イイ感じです。
ここまで一気に進めてしまったのでしばらく休憩・・・


【ライダー編】
変換 ~ P1040407変換 ~ P1040415
塗装・・・の前に、特徴でもあるツインテールを作らないといけませんね。
プラ板を適当なサイズにカット。髪ってこんな感じかな~

変換 ~ P1040419変換 ~ P1040430
根本には接合用のジョイント(RC用ボールジョイント)を埋め込み、
表からパテをどっさり盛りました。
プラ板の切れ目を目安にラインを作る感じで

変換 ~ P1040515変換 ~ P1040519
乾燥したらヤスリで削って形を整えます。
左右対称だと気味悪いので自然に少し形を変えています。
頭に付けると結構髪っぽい?

で、現在塗装中。
スプレーは慣れていますが筆塗りは・・・苦戦してます。
RCバイク ボディ改造⑦ ~ミク顔~
変換 ~ P1040223
今回もライダー作成。全体のバランスを見るためにも顔を作ります。
ベースは困り顔のライダー、ヘルメット付き
どう考えても似ている部分はありませんw

変換 ~ P1040228
というわけでバッサリと切断しました。
使うのは画像の3パーツのみ
目、鼻と頭部以外は切り粉になりました。

変換 ~ P1040235変換 ~ P1040237
とりあえずパテを盛って頭を接着。骨格を作りました。
市販の顔パーツを使用した方が遙かに安上がり&安いかも

変換 ~ P1040242変換 ~ P1040244
いつものように盛って削って形を作ります。
ほおの辺りをどれぐらいふくらませるのか?鼻をどれぐらい目立たせるのか?などなど分からないことだらけ。
他の市販フィギュアやイラストを参考に作りました。

変換 ~ P1040257変換 ~ P1040267
適当に目、口を書いて位置決めし、髪っぽくプラ板を貼っていきます。
下になる部分から順番に。パテで作る時間はなさそうなのでこの方法にしました。
髪は今までの作業で余ったプラ板の切れ端を使ってます。
整った形だと逆に不自然になってしまうのでちょうど良い♪

変換 ~ P1040291
裏側もフタをして地道に細い板を貼り付けます・・・
そのままだと貼り付けの境界が残るので接着後にヤスリで荒らしました。(画像無し)

変換 ~ P1040300
ヘッドセット(?)も取り付けて横から
結構いけるかも!と思いました。
そうやってモチベーションを維持しないと続きませんw
二輪車運転しながらヘッドセットは違法?  ・・・気にしないで下さい


変換 ~ P1040314
乗せてみるとこんな感じ。やっぱり顔があると良いですね
ちょっと大きいぐらいがちょうど良い?八頭身とか嫌ですからねw
車体は試しにミク色を塗ってみましたがあまりにも似合わない。
家庭の女性陣からは人気でしたが理解できませんでした。
デザインも模索中です。
ちなみに、タミヤスプレーでミク色に一番近いのはコーラルブルーです。多分。
MIDIキーボードの修理
変換 ~ P1040341
ジャンクで買ってきたMIDIキーボード「PCR-M30」
このままでは鍵盤が反応しないのでドライバー片手に分解しました。
変換 ~ P1040342
ねじを19本抜くとカバー部が外れます。
ケーブルで繋がっているので思い切らないよう注意!
ざっと基盤周りを見てみるも断線はなささそう。
鍵盤以外の機能は問題ないし、PCからの認識もあるのでICが壊れているという事は考えにくい。
なるほど・・・確かに店の言うとうり原因不明です。


何となく検索してみると情報有り!
Mostly Soundlessさんより。
どうやらPCR-M30は鍵盤の接点に問題があり、くすんで接触不良になりやすいらしい。
それにしても全部のキーが反応しないなんて・・・

変換 ~ P1040346変換 ~ P1040364
とりあえず鍵を外します。
裏側のバネを外して、逆Cの字に手を動かすと外れます。
一つ一つ外す事になるので結構面倒ですがやりましょう。
外した部品はなくさないよう順に整理しておくことをオススメします。

変換 ~ P1040349変換 ~ P1040353
鍵を外すと接点があります。電卓のような簡易的タイプですね。
表面のゴムを剥がすと金属製の接点が見えます。
なるほど、くすんでますね。これじゃ反応しないでしょう。

この接点を回復させるのですが、そのために必要な道具が二つあります。それは・・
特殊接点復活材コンタクトZ!
なんだそれwと思う人が殆どだと思いますが、実はコレどの家庭にもあります。
なぜなら鉛筆と消しゴムだから!
鉛筆は黒鉛。つまりはカーボンなんですね。分かる人には分かるでしょう。

変換 ~ P1040354
まずは消しゴムで接点をこすりましょう。そうすると接点のくすみが無くなります。
これだけでも回復なのですが、このままではまたいずれ再発してしまうでしょう。
そこで特殊接点復活材コンタクトZです。
変換 ~ P1040362
接点に塗ります。塗ります。
これで導電性が良くなるので再発の可能性がぐんと低くなります。

あとは元通り組み直すだけ。
この作業中にミスをしていなければ鍵が反応するようになっているはずです。
接点のゴムには向きがあるので注意しましょう。

変換 ~ P1040356変換 ~ P1040366
USBにプラグイン!
ちゃんと反応してくれます。手術は成功!
1000円のジャンク品が元通りのキーボードに復活しました。
これだからジャンク品はやめられないw

ですが、今までにMIDIなど扱ったことはなく音源などもちろんありません。
PCにつないでソフトウェア制御をすればピアノ遊びぐらいは出来るハズなんですが・・・
とりあえず説明書を読んで勉強します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。